メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

Contents

Contents

Contents

Contents

Contents

Contents

Contents

Contents

Contents

三徳経営財務人事研究所のご案内

〒160-0023
東京都新宿区西新宿
7丁目17番14号
源ビル5F

TEL03-3367-7638

FAX03-3367-7639

労働講座「労基署調査の対応と景気低迷期の人件費対策実務」

労働講座「労基署調査の対応と景気低迷期の人件費対策実務」
講座イントロダクション

近年、労働基準監督署による立ち入り調査(臨検)が急増しております。特に労働者からの労働基準監督署への申告(告発)での調査が増えつつあります。

最近の申告調査や定期調査では、労働時間管理、サービス残業問題(=賃金不払い残業:時効2年)についての監督・指導が重点的に全国で行われております。

監督指導による賃金不払残業の是正結果(平成19年度1企業当り合計100万円以上となったもの )
是正企業数1728企業
是正金額272億4,261万円
対象労働者数179,543人
全企業平均では1,577万円、労働者平均では15万円
(詳しくは講座にて)

このように今まで隠れていた債務がある日突然表面化し、数百万から数千万円のコスト負担を企業経営者は強いられることになります。

「このサービス残業や賃金不払残業の問題は大手企業だけの問題だ」と思わないでください。
この賃金不払い残業の問題は中小零細企業から大企業まで、すべての企業経営者本人の問題なのです。
実際に、数名程度の企業でも遡及の是正勧告が出されています

特に下記に該当する企業様はお気を付けください。

  • 給料には時間外手当が込みになっていると思っている。
  • 年俸制なので時間外手当は必要ないと思っている。
  • 主任以上は役職者なので時間外手当は必要ないと思っている。
  • 営業手当を出しているから時間外手当は必要ないと思っている。etc・・・・

今回の講座では、労働基準監督署の調査の実際と対等方法をはじめ、残業コストなど景気後退期の人件費コントロールについて解説をいたします。

賃金不払残業重点監督月間:2009年06月1日まで
賃金不払残業解消キャンペーン月間:2009年11月1日まで




講座概要
講座の目的
労働基準監督署の調査の目的を確認する
労働基準監督署の調査の対応方法を理解する
是正勧告のよる不払残業の遡及支払いの対応方法を理解する
今後の時間外手当など人件費のコントロール方法を理解する
講座内容
労基署の是正勧告急増の背景
長時間労働と賃金不払残業の是正勧告急増の背景
  ・労働法の概要と対象
  ・近年の労働紛争の動向
過労自殺・過労死の企業の責任
  ・判例にみる企業の責任
労働基準監督官の権限
  ・労働基準法からみる権限
労働基準監督官の調査
  ・調査のフロー
  ・是正勧告書
  ・指導票
  ・是正報告書
  ・定期監督
  ・申告監督
  ・再監督
  ・集団指導
労働基準監督署の調査への実務対応
  ・監督官の指導内容
  ・監督官への対応
  ・割増賃金(不払残業)の遡及支払への対応  ※数百万円・数千万円の遡及支払いへの対応
  ・事前の労務管理対策

景気低迷期の人件費対策実務
これからの賃金制度の見直し
  ・時間外手当・休日手当・深夜手当の残業コスト対策
  ・固定残業手当導入の実際
  ・等級範囲給制度の導入
  ・賃金制度の不利益変更実務
これからの賞与制度の見直し
  ・業績連動型賞与制度の導入
 
まとめ

講演内容は、より良い講演の開催を目的として予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承下さい。
開催日時
2009年06日16日(火曜日)
受付:午後01時10分開始
講演:午後01時30分〜午後04時30分
個別相談:午後04時30分〜午後05時00分
開催会場
東京国際フォーラム(アクセス)
  〒100−0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 
  電話03−5221-9000(講演内容のお問い合わせはご遠慮下さい)
JR線
  有楽町駅より徒歩1分
  東京駅より徒歩5分 (京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)
地下鉄
  有楽町線 : 有楽町駅とB1F地下コンコースにて連絡
  日比谷線 : 銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分
  千代田線 : 二重橋前駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩7分
  丸ノ内線 : 銀座駅より徒歩5分
  銀座線 : 銀座駅より徒歩7分/京橋駅より徒歩7分
  三田線 : 日比谷駅より徒歩5分
首都高速道路
  霞ヶ関出口から晴海通り
  神田橋出口から日比谷通り
  宝町出口から鍛冶橋通り
  京橋出口から鍛冶橋通り
成田空港から
  リムジンバス 東京駅まで80〜90分
  JR成田エクスプレス 東京駅まで53分
羽空港から
  モノレール浜松町駅まで23分
  JR浜松町駅より有楽町駅まで4分
※諸事情により開催会場を近辺の別会場に変更することがあります。
受講料(景気低迷期につき今年度よりご受講しやすい料金に改定致しました。)
1社1名/12,600円(税込)
1社2名/21,000円(税込) (1名10,500円となります)
 ※ご同業の方はご遠慮ください。
 ※公認会計士、税理士の方はお申し込みいただけます。
定員
東京開催:25名
受講特典1:「はじめての総務の仕事」(プロ総務研究会著 すばる舎刊)進呈
弊社コンサルタント共著の書籍です。
受講特典2:就業規則基礎診断(105,000円〜)を無料にて承ります。(ご希望の企業様限定)
診断担当コンサルタント:
  ※弊社(東京都港区)の相談ブースへお越しいただける企業様に限らせていただいております。
就業規則基礎診断の流れ
  1..就業規則をお預かり致します。(※データでお願い致します。)
  2..診断のため2ヶ月ほどお時間をいただいております。
  3.弊社相談ブースにて診断報告をさせていただきます。
  ※就業規則未整備にて新規作成の企業様は別途ご相談下さい。
「就業規則診断報告書」表紙
「就業規則診断報告書」各ページ
講師紹介
担当講師のご紹介

松崎直己
講師:三徳経営財務人事研究所代表 松崎 直己(社会保険労務士)プロフィール
是正勧告対策協議会代表
プロ総務研究会代表
株式会社ヒューマンバリューアソシエイツ代表取締役
法政大学エクステンションカレッジ講師

労働社会保険諸手続きから労働法務・人事戦略コンサルティング、各種社員研修までの人事労務ワンストップカンパニーを経営。労働法務・人事戦略コンサルタントとして就業規則運用マネジメント、「シンプル」で「自社運用」のできる人事制度構築で全国の企業を支援している。
著書に『1000万円得する年金の本』(共著、KKベストセラーズ)『はじめての総務の仕事』(共著。すばる舎)ほか日経新聞、産経新聞など執筆、取材実績多数。社会保険労務士、第1回紛争解決手続き代理業試験合格。
メディア実績(グループ実績)
講演・研修実績(グループ実績)
主催
主催:株式会社ヒューマンバリューアソシエイツ
  〒160-0023東京都新宿区西新宿7-17-14新宿シティ源ビル5F
  TEL:03-3367-7638 FAX:03-3367-7639
セミナー事務局TEL:03-3367-7638(総合受付)
協力:三徳経営財務人事研究所
特定商取引表示
免責
講座内容につきましては、2009年1月1日現在におきまして三徳経営財務人事研究所が収集しました情報(統計、法令、通達など)をもとに構成されております。
内容には正確を期しておりますが、講座時間の関係などで完全なものではございません。 講座内容のご利用に際しましては必ず関係官庁などに確認をお願い致します。当講座内容をもとに実行されたことによる損害等の保証はいかなる場合も負いかねます。
注意事項
講座の録音・撮影・講義中の携帯電話やパソコンなどの端末のご使用などはご遠慮下さい。
タイトル・内容・日時・会場などは、やむを得ない事情により予告なく変更させていただく場合がございます。
主催者・講師などの諸事情により開催を中止させていただく場合がございます。
キャンセルは、原則として代理出席にてご対応をお願いいたします。 やむを得ない事情の場合は、開催日の前日より数えて4営業日前(土日、祝日除く)の午後4時までに上記、主催者セミナー事務局までご連絡下さい。受講料のご入金をされている場合には、確認後に返金手数料2,100円(税込み)を申し受けご返金いたします。以降のキャンセルにつきましては、受講料はお返しいたしかねます。
お申し込み方法

お申し込みフォーム受付終了いたしました。ありがとうございました。
  下記フォームよりお申し込み下さい。


電話によるお申し込み受付終了いたしました。ありがとうございました。
  お急ぎの方は、下記の総合受付へご連絡下さい。
  会社名・ご名前・電話番号を受付にお申し出ください。担当が折り返しご連絡いたします。
  TEL : 03-3367-7638  <受付時間> 平日09:00〜18:00


FAXによるお申し込み受付終了いたしました。ありがとうございました。
  お申し込み専用 FAX用紙(PDF形式)
  FAX : 03-3367-7639  <受付時間> 24時間


お申し込みフロー

上記方法にてお申し込み下さい。
   ↓
お申し込み内容を確認メールで送信させていただきます。
FAXでお申し込みの場合は受講票の到着をお待ち下さい。
   ↓
受講票・ご請求書を郵送にてお送りいたします。
   (6月10日以降順次発送いたします。)
   ↓
セミナー開催日に受講票をご持参下さい。  
   ↓
「セミナー当日お会いできることを楽しみにお待ちしております。」


お申し込みフォーム

下記フォームに必要事項をご入力ください。
「送信内容確認」ボタンをクリックすると送信確認画面を表示します。
ご同業(社会保険労務士、行政書士、人事コンサルタント等)の方はご遠慮ください。

は必須項目です。

講座名
会社名
業種 業 
社員数 人 (おおよその規模で結構です。)
部署名
参加者1
役職名
参加者1
お名前
  ご参加者様とご郵送先のご担当者様が異なる場合は、ご郵送先のご担当者様の役職名・お名前を下記のお問い合せ欄にご記入下さい。
ご参加者様とご担当者様が同じ場合は、原則として参加者様1の方に受講票・ご請求書をご郵送いたします。
参加者2
役職名
参加者2
お名前
郵便番号
住所
電話番号 (半角数字)
FAX番号 (半角数字)
メールアドレス (半角英数字)
メールアドレス
(確認用)
(半角英数字)
お申込の
きっかけ
サイト
  「労政時報」サイト
メルマガ
  「全国の社長へ!あなたの会社が役所の調査で傾くとき」メルマガ
  「成功したいビジネスマンへ!」メルマガ
  「労政時報」メルマガ
  その他
お問い合せ内容

このページのTopへ
ページの終了